MR薬剤師の仕事内容

MR薬剤師の仕事内容や給料

MRとは「医学情報担当者」という意味であり、自社で開発した新薬の情報を医療機関や開業医に伝えるという仕事を行います。いわば薬のアドバイザーです。
MR薬剤師になるためには製薬会社に就職・転職する必要があり、その後にMRの導入教育を受けることになります。そこで必要な知識を学ぶことになるのですが、認定試験を受けて合格した人だけがこの薬剤師として働くことができます。一度資格を取得しても5年ごとに更新を行う必要があり、更新を忘れると働くことができなくなってしまうので注意しましょう。
MR 薬剤師は年収アップが確実にできる職業なのですが、簡単になれる職業ではないため、しっかりと準備を整えてから目指すようにしましょう。
また、MRの仕事は細かなスケジュール管理で成り立っており、1日に訪問する医療機関の数や担当者の名前をしっかりと把握する必要があります。それによって利益を出していく必要があるのですが、ノルマを設定している製薬会社などもあるため、どうすればより利益を出せるか考える力が求められます。

給料は歩合制が導入されていることも多く、それによって年収が増える場合もあります。
MR薬剤師の年収は、他の薬剤師と比べて圧倒的に高くなっており、大手企業ではだいたい700万円を超えています。1000万円を以上の年収を手にしている人も少なくありません。
もしこの職業に転職したいという場合、給料体系をしっかりと確認しておくと良いといえます。

MR薬剤師の転職ポイントや向いてる人は?

MRの役割は、医薬品の情報を医療機関の関係者などに伝えることで、自社の医薬品を採用してもらうことです。
また、その後も実際に患者に使用して副作用などが出なかったかなどの情報収集もおこないます。その意味で医薬品の情報に関してはスペシャリストである必要があります。
MRは実際に薬の処方をするわけではないので薬学部出身である必要はありません。でも、薬剤師免許は持っていて損はありません。MR認定試験を受験する際に、一般の人は6科目の受験が必要ですが、薬剤師免許を持っていると薬理学、薬剤学、そして疾病と治療における3科目が免除されます。

病院や薬局に所属し、薬を間違えることなく正しく処方することを使命とする薬剤師に対して、MR薬剤師には薬の情報を提供することと医薬品の営業という仕事があります。そしてこの仕事を続けていくならば、薬学と医療の世界に高い関心を持ち続けることが大切です。新薬が新しく開発されつづけるため、薬の情報を提供するという立場上、薬に関する情報収集の勉強は果てしなく続きます。
大学入試のようにただ知識を詰め込むのが得意なだけでは向いているとはいえず、多くの知識と的確な判断力、そして魅力的な人柄を併せ持つことで医療関係者の信頼を集めることができるのです。

また、薬の効能・副作用といった薬の知識だけでなく、医療関係者と話をするためのコミュニケーション力も必要です。医療関係者と信頼関係を築く努力も必要です。

MR薬剤師として働くメリット・デメリット

メリットは、給料が高いという点があげられます。
MRの平均年収は500万~1,000万円なので、薬剤師と比較しても高めです。
基本的には営業という位置付けですが、医薬品の説明や情報提供を主に行う仕事なので、一般的な営業職のように価格交渉に応じる必要はありません。販売については、「MS」という医薬品卸専門の営業が担当します。
MRが行うのは、あくまで情報提供なので、精神的な負担は少ないといえます。
また、一般企業である製薬会社に勤めるため、一般的なビジネスマナーが身に付きます。これは、病院や調剤薬局では身に付けるのが難しいです。
そして、大半の勤務先は福利厚生が充実しているので、育児休暇なども取りやすくなっています。

デメリットは、専門知識を活かしにくい点です。
MR自体は、薬剤師の資格がなくてもできますし実際に半分以上の人が文系出身です。
もちろん、病院関係者からすれば資格を持っている人から情報提供してもらったほうが説得力を感じますが、やはり専門性を活用できないということで悩んでいる人も少なくありません。
そして、ある程度働いてから調剤の仕事に戻りたいと思ったとしても、新しい薬は日々開発されているのでブランクが長期間に及ぶほど、復帰するのは難しくなります。
また、非常に転勤が多い業種でもあるので、その点も覚悟しておかないといけません。


登録者数No.1の業界トップリーダー「薬キャリ」
薬キャリ
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 正社員・パート・派遣をすべて網羅
  • 高収入の求人も多数掲載

薬キャリは、薬剤師の登録者数1位の転職支援サイトです。病院や医療機関において薬剤師以外でも医師や看護師なども転職サービスも展開しているので、専門性の高いサービス利用者に提供できます。またそれらを活かした幅広いネットワークにより、他にはないレアな求人も多数扱っており、転職を考えたら初めに登録しておきたいサイトです。

質の高い転職支援が評判「マイナビ薬剤師」
マイナビ薬剤師
  • 利用者満足度NO.1
  • 質の高い転職サポート
  • 大手企業とのパイプ

マイナビ薬剤師は、各種紹介サイトでも上位に紹介される実績のある薬剤師転職サイトです。最新の薬剤師転職市場の情報やそれを活かせるネットワークを持っています。サポートも満足度NO.1と言われてるほど充実したものとなっていますので、登録しておいて間違いないサイトのひとつです。

自分だけのオーダーメイド求人「ファーマキャリア」
ファーマキャリア
  • オーダーメイド求人
  • わがままな希望もOK
  • 成約実績300人以上

ファーマキャリアは、求人を見比べたりする一般的なサイトとはかなり違った転職サイトです。業界でも珍しいオーダーメイド求人により、利用者ではなくキャリアコンサルタントがあなたの希望に合わせた案件を探してきてくれるので、忙しくてまともに転職活動が出来ないような方には特にオススメのサイトです。

日本調剤グループ運営「ファルマスタッフ」
ファルマスタッフ
  • 豊富な調剤薬局求人
  • 全国15拠点でサポート
  • 年収アップ多数

ファルマスタッフは、1つ1つの職場にコンサルタントが直接訪問し、状況確認などを行っているそうです。その為、実際に働くまで分らない職場の雰囲気などの貴重な情報を得ることも可能となっています。非常に信頼できる薬剤師転職サイトの1つといってよいでしょう。

転職業界大手のリクルート「リクナビ薬剤師」
リクナビ薬剤師
  • 業界最大級の正社員・アルバイト求人
  • 転職フルサポート
  • 子育て・ブランクOK

リクナビ薬剤師は、キャリアコンサルタントの在籍数の多さでも知られています。大手ならではの豊富な求人とフルサポートにより本人の希望条件や待遇などもしっかり交渉してくれます。利用者が多いのも頷ける話です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする