保険薬剤師の仕事内容

保険薬剤師の仕事内容や給料

薬剤師の仕事にもさまざまな種類がありますが、その中の一つに、保険薬剤師があります。
保険薬剤師とは、病院外の公的医療保険制度の適用を受けることのできる保険調剤薬局で調剤を行う薬剤師のことです。そこには薬剤師と言う職業の良い面と悪い面が両方とも備わっており、一生の仕事として継続して行くことが出来るかどうかはその環境をどう思うかによって変わってくるものであるといえます。

資格を取る必要はありませんが、勤務地の薬局の所轄である都道府県の地方厚生(支)局の事務所等で登録を行う必要があります。転勤になった際には転勤先の厚生局への届け出が再度必要になります。
現在ほとんどの調剤薬局が公的保険の適用を受けているので、登録は必須と言えるでしょう。登録料は無料で、書類上の手続きが終わった後に研修を受ける必要があります。
反対に病院や調剤のないドラッグストアには保険薬剤師の登録はなくても勤務できます。

保険調剤薬局での仕事内容は、病院勤務の薬剤師と同じように、薬の調剤をしたり、患者に対して薬に関する説明や指導などを行います。それ以外に、患者からの金額などに関する質問にも答えられるように、調剤料の点数の算定や解釈さらには請求までの手続きができなければいけません。そのためには、健康保険や介護保険についての知識も必要とします。
病院勤務の薬剤師は、登録の必要はなく仕事は医師のもとで行います。
一方、保険薬局では、薬剤師が中心となって仕事を行うというのが大きな違いといえるでしょう。

今後は、院外薬局での薬の処方がますます増えていくことが考えられることから、保険薬剤師としての需要も伸びていくといえます。
薬剤師の給料は、業種によって大きく異なりますが一般的に病院勤務よりは、保険調剤薬局勤務の方が給料は良い傾向があるようです。

保険薬剤師の転職ポイントや向いてる人は?

具体的に病院や調剤のないドラッグストアで働く薬剤師と何が違うかというと、「保険」が絡んでくるので、薬の点数算定方法や意味、健康保険や介護保険について患者に質問された時に不明なく解答できるような保険知識も必要です。
中には調剤薬局事務員さんが保険に関しての説明を患者さんに行っている事もありますが、同じ職場で働く薬剤師も調剤以外にも説明義務として仕事の一環で知識として覚えておく事が大切です。

保険薬剤師として働くにあたって向いている人とは薬剤師としての薬学の知識や調剤経験も仕事の上で重要ですが、何より対患者になるのでコミュニケーションが取れる事が大切です。患者さんは数ある保険薬局を選んで訪れるので、半ば接客要素の強い部分もあります。
不安を煽るような薬の説明や解りにくい言い回しは患者さんにとって不安や不愉快な思いをするだけなので、いかに処方箋を持ってきた患者さんに対して安心して服用してもらえるようなアドバイスや説明が出来るかどうかのコミュニケーション能力が必要になります。

保険薬剤師として働くメリット・デメリット

メリットは、安定した必要とされる職であるということです。
この様な保険診療によって支えられている仕事は需要が失われることがほぼないという安定した環境にあるということが魅力的であると考える人は少なくありません。
医師の処方箋によって指示された薬剤を間違いなく調剤して渡していくのが主な業務です。従ってその業務は地域医療を支える重要な業務の一つであるといえます。

デメリットは、それはこの様な処方箋薬局は非常に多くの数が存在しており、一本には提携している医療機関の対応に加えてわずかに需要があるかどうかというのが現実です。
そのため訪問客の数に限界があり、総収入にも上限があるというのが現実です。そのため安定はしているものの、上昇の見込みも少ないのが保険薬剤師の業務の特徴であるといえます。
ドラッグストアなど保険医療に関連していない場合には単価の高い医薬品の販売などで高い売り上げを打ち出していくこともできます。


登録者数No.1の業界トップリーダー「薬キャリ」
薬キャリ
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 正社員・パート・派遣をすべて網羅
  • 高収入の求人も多数掲載

薬キャリは、薬剤師の登録者数1位の転職支援サイトです。病院や医療機関において薬剤師以外でも医師や看護師なども転職サービスも展開しているので、専門性の高いサービス利用者に提供できます。またそれらを活かした幅広いネットワークにより、他にはないレアな求人も多数扱っており、転職を考えたら初めに登録しておきたいサイトです。

質の高い転職支援が評判「マイナビ薬剤師」
マイナビ薬剤師
  • 利用者満足度NO.1
  • 質の高い転職サポート
  • 大手企業とのパイプ

マイナビ薬剤師は、各種紹介サイトでも上位に紹介される実績のある薬剤師転職サイトです。最新の薬剤師転職市場の情報やそれを活かせるネットワークを持っています。サポートも満足度NO.1と言われてるほど充実したものとなっていますので、登録しておいて間違いないサイトのひとつです。

自分だけのオーダーメイド求人「ファーマキャリア」
ファーマキャリア
  • オーダーメイド求人
  • わがままな希望もOK
  • 成約実績300人以上

ファーマキャリアは、求人を見比べたりする一般的なサイトとはかなり違った転職サイトです。業界でも珍しいオーダーメイド求人により、利用者ではなくキャリアコンサルタントがあなたの希望に合わせた案件を探してきてくれるので、忙しくてまともに転職活動が出来ないような方には特にオススメのサイトです。

日本調剤グループ運営「ファルマスタッフ」
ファルマスタッフ
  • 豊富な調剤薬局求人
  • 全国15拠点でサポート
  • 年収アップ多数

ファルマスタッフは、1つ1つの職場にコンサルタントが直接訪問し、状況確認などを行っているそうです。その為、実際に働くまで分らない職場の雰囲気などの貴重な情報を得ることも可能となっています。非常に信頼できる薬剤師転職サイトの1つといってよいでしょう。

転職業界大手のリクルート「リクナビ薬剤師」
リクナビ薬剤師
  • 業界最大級の正社員・アルバイト求人
  • 転職フルサポート
  • 子育て・ブランクOK

リクナビ薬剤師は、キャリアコンサルタントの在籍数の多さでも知られています。大手ならではの豊富な求人とフルサポートにより本人の希望条件や待遇などもしっかり交渉してくれます。利用者が多いのも頷ける話です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする