ドラッグストアの仕事内容

ドラッグストアの仕事内容や給料

薬剤師の活躍する場に最近人気となっているドラッグストアでの勤務があります。
医薬分業が進み、処方箋を病院から調剤薬局やドラッグストアなどで貰うようになり、患者にとっても用事や買い物などの途中で寄れるとして利用する人も増えています。
ドラッグストアでは調剤薬局や病院での勤務よりも高い年収が期待できます。年収は400万円から700万円台と幅があり、店長まで昇格すれば一気に年収が数百万円上がるのでやりがいのある職場とも言えます。
仕事内容は主に調剤がメインですが、来店したお客様に対して市販の薬の説明やアドバイスも仕事内容の多くを占めており、幅広い薬の知識が必要とともに、コミュニケーション能力も必要です。
薬剤師という位置づけですが、店舗によってはレジ応対や薬以外の取り扱いの商品の把握する必要もあり、販売員としても仕事をする場合もあります。
魅力的な点は給料の他に待遇面でもいえます。大手の企業であれば福利厚生もしっかり整っており、休みも固定で貰える場合も多いです。
深夜まで営業しているお店はほとんどないので夜勤業務も発生しません。この為、労働環境は不定期ではない点で肉体的には働きやすい職場とも言えます。近所にあるお店でもあるので一度薬剤師を退いた子育て中の薬剤師資格を持ったママがパートとして復帰しやすい職場でもあります。
時給は2000円前後である事が多く、周辺相場よりもかなり高めでこれまでのキャリアを活かせます。

ドラッグストアの転職ポイントや向いてる人は?

薬剤師という職種には、病院や薬局などもありますが、そんな様々な選択肢の中からドラッグストアを選ぶのに向いている人はどんな方なのか、気になりますよね。
まず忘れてはならないのが、この仕事には「接客」の要素が大きいという点です。
単に薬を調合していれば良いという内容ではありません。
接客の要素が大きい薬剤師というと、調剤薬局なども似たようなものに感じられる方がいるでしょうが、ドラッグストアの方が医薬品を買い求める人以外にも、化粧品や生活雑貨など、様々なものを購入しにくる一般客が大勢訪れるためオールマイティーな接客が必要となってきます。
なので、しっかりと対応していける能力が無ければ向いているとは言えません。
時にはレジ打ちなどに対応しなければならないこともあるので、色々な業務内容を器用にこなす自信がある方が向いています。
また、転職する際のポイントとしては、面接時にも接客が得意であることを前面に押し出していくと良いでしょう。
こういった職場では、時間の融通が利くパートの薬剤師の求人も少なくありません。
育児と両立したい女性の方などにも嬉しい条件である場合が多いので、勤務条件に関してもよくチェックしてみましょう。
特にこれまで、学生時代のアルバイトなどでレジ等接客の経験がある方は、面接時にそのような点もアピールしてみてください。

ドラッグストアで働く薬剤師のメリット・デメリット

メリットは、調剤薬局や病院と比べても給料は高めで、20代で450万円以上の年収、管理薬剤師経験4年ほどで年収500万円以上稼げるお店が多数あります。初任給でも最高レベルを稼げます。
また、調剤薬局や病院と比べて幅広い業務に携わることができ、薬剤師でも接客が多くなります。薬以外にも幅広い商品の知識が増え、プライベートにも活かすことができます。
将来、調剤薬局など独立を考えている方にも学べることは多くありますし、経験を積んで経営に活かすこともできます。
また、最近は大手チェーン店が次々とオープンしており、引っ越しをした場合でも見つけやすく、結婚や出産で仕事を辞め再就職を目指している女性薬剤師の方にも働きやすくなっています。
ドラッグストアはアルバイトやパートを募集しているお店が多く、主婦が空いた時間だけ働くこともできますし他のパートと比べても時給が高いので一日働くだけで高収入を稼げます。地域やお店によって時給に違いはありますが、全国で店舗を展開しているチェーン店なら時給1800円以上、通勤手当や残業手当、各種保険など福利厚生も充実しています。

デメリットは、やはり薬剤師としての仕事が少ないことです。薬剤師としての専門知識を活かしたいという方や、薬学の専門家としてスキルアップしていきたいという方にとってはデメリットに感じられると思います。
ドラッグストアは幅広い商品を取り扱っているので、品出し・接客・レジ業務など薬剤師の資格とは関係のない仕事も増えます。また、営業時間が長く体力も必要ですし、土日出勤や勤務時間が不規則になってきます。
お客さんに接する面も多いので、接客態度も求められてきます。いろいろなお客さんと接するのが苦手な人にとっては働きづらいと感じることもあると思います。そして、クレームが多いということもデメリットの一つにあげられます。
調剤薬局や病院勤務と比較してクレーム客を接客する場面が多くなります。他の接客業では避けて通れないクレーム対応ですが、「こんなことしたくない」という理由で辞めていく薬剤師さんは少なくないようです。


登録者数No.1の業界トップリーダー「薬キャリ」
薬キャリ
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 正社員・パート・派遣をすべて網羅
  • 高収入の求人も多数掲載

薬キャリは、薬剤師の登録者数1位の転職支援サイトです。病院や医療機関において薬剤師以外でも医師や看護師なども転職サービスも展開しているので、専門性の高いサービス利用者に提供できます。またそれらを活かした幅広いネットワークにより、他にはないレアな求人も多数扱っており、転職を考えたら初めに登録しておきたいサイトです。

質の高い転職支援が評判「マイナビ薬剤師」
マイナビ薬剤師
  • 利用者満足度NO.1
  • 質の高い転職サポート
  • 大手企業とのパイプ

マイナビ薬剤師は、各種紹介サイトでも上位に紹介される実績のある薬剤師転職サイトです。最新の薬剤師転職市場の情報やそれを活かせるネットワークを持っています。サポートも満足度NO.1と言われてるほど充実したものとなっていますので、登録しておいて間違いないサイトのひとつです。

自分だけのオーダーメイド求人「ファーマキャリア」
ファーマキャリア
  • オーダーメイド求人
  • わがままな希望もOK
  • 成約実績300人以上

ファーマキャリアは、求人を見比べたりする一般的なサイトとはかなり違った転職サイトです。業界でも珍しいオーダーメイド求人により、利用者ではなくキャリアコンサルタントがあなたの希望に合わせた案件を探してきてくれるので、忙しくてまともに転職活動が出来ないような方には特にオススメのサイトです。

日本調剤グループ運営「ファルマスタッフ」
ファルマスタッフ
  • 豊富な調剤薬局求人
  • 全国15拠点でサポート
  • 年収アップ多数

ファルマスタッフは、1つ1つの職場にコンサルタントが直接訪問し、状況確認などを行っているそうです。その為、実際に働くまで分らない職場の雰囲気などの貴重な情報を得ることも可能となっています。非常に信頼できる薬剤師転職サイトの1つといってよいでしょう。

転職業界大手のリクルート「リクナビ薬剤師」
リクナビ薬剤師
  • 業界最大級の正社員・アルバイト求人
  • 転職フルサポート
  • 子育て・ブランクOK

リクナビ薬剤師は、キャリアコンサルタントの在籍数の多さでも知られています。大手ならではの豊富な求人とフルサポートにより本人の希望条件や待遇などもしっかり交渉してくれます。利用者が多いのも頷ける話です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. very nice publish, i certainly love this web site, carry on it

  2. borvestinkral より:

    I always was concerned in this subject and still am, regards for putting up.